白い歯

医療の発達によって得られた噛み心地|人気のインプラント治療

歯を整えるということ

歯型

大泉学園の矯正歯科では歯並びを整えることができますが、その利点は見た目がきれいになるだけではありません。歯並びがきれいになると、噛み合せがよくなってものが食べやすくなりますし、磨きにくかった場所にも歯ブラシが届きやすくなるので虫歯や歯周病の予防にもなります。その他、歯並びが悪いと空気が漏れやすくなり、発音が難しいこともありますが、それも改善されます。また、見た目がきれいになると自信にも繋がります。今まで歯の矯正というと小さい頃で終わらせることが一般的でしたが、医療の発達により、大泉学園の矯正歯科でも大人向けの歯科矯正が行なわれています。大泉学園の矯正歯科で受けられる施術方法にはいくつかあります。代表的なものは、ブラケット矯正と呼ばれるものです。これは、歯の外側に金具を取り付け、歯の一つ一つの位置を細かく調整できるという特徴を持っています。外側から見えるため嫌だという人は、目立ちにくい白いワイヤーを選びましょう。また、大泉学園の矯正歯科で行なうものに、歯の内側に金具を取付ける舌側ブラケット矯正というものもあります。ブラケット矯正よりも費用がやや高く、内側にあるため下に金具が当たる違和感はありますが、外からは見えないというメリットがあります。その他、小さな歪みならマウスピース矯正で整えることができます。歯の型を取り、段階に合わせて徐々にマウスピースの形を変えていき、歯を整えます。マウスピースは透明なので目立ちにくいという特徴があります。