インプラント

医療の発達によって得られた噛み心地|人気のインプラント治療

自身の持てる笑顔

歯科

歯の黄ばみや歯茎の黒ずみ、歯並びが気になるという人は横浜の審美歯科へ行きましょう。審美歯科では、ホワイトニングだけではなく、総合的な口内環境の改善を行なっています。

View Detail

選ぶ際の判断基準

歯科

麻布十番で失敗しない歯医者選びをするにはいくつかの判断基準があります。医師の対応が親切でわかりやすいことはもちろん、スタッフの対応が丁寧であることや、施設の掃除が行き届いているかも大切です。

View Detail

まるで自然の歯

歯医者

歯を失った場合、今まで京都でも一般的に行なわれてきた治療方法は、入れ歯やブリッジと呼ばれるものでした。まず、入れ歯というのは、失った歯の両側の歯にバネを利用して人口の歯をはめるというもので、取り外し式のものです。噛み心地は自然の歯とは程遠いものですが、取り外せる分きれいに磨け、衛生的にも良いです。次に、ブリッジというものは、失った歯の両側の歯を削り、橋渡しをするように人口の歯を被せるというもので、入れ歯よりは安定感があります。しかし、人口の歯と歯茎との間に隙間があるため、どうしてもものが詰まりがちになるという注意点があります。そこで京都でも新しく取り入れられた治療方法にインプラントというものがあります。インプラントは、失った歯のあった部分の骨に穴を空け、そこに人口の歯を埋め込むという治療方法です。インプラントが従来の治療方法と大きく変わった点は、その安定感からくる自然な噛み心地です。また、骨としっかり一体化しているので、ものが詰まりやすいということもありません。京都でも行なわれるインプラントは、人口の歯の根と、そこに乗せる人口の歯、そのふたつを繋ぐための部品からできています。その3つをどう入れるかに応じて治療にかかる回数や費用に違いが出てきます。また、従来の治療方法は使用する素材によって保険適用のものがありましたが、インプラントは保険適用外となるため費用はやや高くなります。京都でインプラント手術を受けられる病院はいくつかあるので、予算や希望を伝えて、医師と相談しましょう。

歯を整えるということ

歯型

大泉学園には矯正歯科がありますが、歯を整えることは見た目だけではなく多くのメリットがあります。噛み合せがよくなることで食事が楽しくなり、歯磨きもしやすくなるので虫歯の予防にもなります。

View Detail